つくば・守谷・下妻でOMソーラー、
木の家・自然素材の家を建てるなら株式会社柴木材店。

里山の平屋暮らしの家(期間限定公開)

「里山住宅博inつくば」にて柴木材モデルハウスが期間限定オープン!

2019年6月1日スタートの「里山住宅博inつくば」にて柴木材モデルハウスが期間限定公開となります!設計:伊礼智氏(建築家)+性能計算:前真之氏(東京大学)+造園:荻野寿也氏(造園家)という現在の住宅建築の第一線を行く3氏との夢のコラボ!見逃せません!

「里山住宅博inつくば」は、2019年6月から11月まで開催される、期間限定の住宅博覧会です。2016年に神戸で開催され話題を呼んだ「里山住宅博in神戸」に続いて、関東域ではじめて開催されます。里山住宅博の舞台となる「春風台ヒュッゲガーデン」は、全75区画。このうち23区画の建物を対象に、住宅博が開催されます。23棟すべてが、茨城県産材を使って建てられるつくばならではの住まいです。また、里山住宅博の会場は展示場ではなく、住宅博終了後、住まい手に引き渡され、住み継がれる町になります。

地元の21もの工務店が参加する中、柴木材が満を持してお届けするモデルハウスは、「里山の平屋暮らしの家」。3人のプロフェッショナルと柴木材のコラボによる、大地につながるシンプルながら本当の豊かさを感じる住まい。ぜひ直接体感してください!


里山住宅博inつくば
https://satoyama-tsukuba.com/
開催期間:2019年6月1日〜2019年11月30日

ヴァンガードハウス 里山の平屋暮らし
伊礼 智
大地に繋がるシンプルなプラン

里山の魅力は大地で暮らす事、内部の心地よさだけでなく、外部にも繋がり、その地と一体で暮らしている事が感じられる住まいにしたいと思いました。そこで、平屋をベースに人生の後半を愉しむための住まいを模索していると、そのプランは子育て家族にも向く事が分かってきました。家族のあり方が多様化し、様々な個性的なプランのあり方が模索されています。しかし、今回の仕事を通して多くの家族形態にも向くベーシックなプランがあり得るように思えた事は大きな収穫でした。この家が普通の家でありながらも、最新の設備と高い性能に担保された近未来のベーシックハウスになればと願います。

「里山暮らし」を支える戸外の居場所と最新の設備

「里山での平屋暮らし」は住宅の断熱・気密を高めつつ、外部と繋がり外部を愉しめる仕掛けを施しています。季節の良い日には開口部を大きく開けて外部と一体になる事も可能・・・住まい手が自分の気持ちで外部と内部の関係を制御して暮らすのです。

南側の外部には、築山と高木に守られたコミュニケーションの場があり、北側には縁側が、屋根の上には物見台など、拡張された内部空間が住まいと大地を繋げます。
さらにその暮らしをサポートする仕掛けとして、「OMX」と名付けられた新しいシステムを組み込んでいます。太陽光と太陽熱を利用しながら、1台のヒートポンプで冷暖房と熱交換換気、さらに、お風呂のお湯もつくり出します。暮らしを快適にする設備が整理、統合された優れた道具となり、里山暮らしを縁の下で支えます。

スケッチ/伊礼 智


「閉じてよし」「開いてよし」高齢者にも子育て家族にもやさしい平屋の家

設計は、建築家・伊礼智氏。性能計算は、東京大学・前真之氏。造園は、荻野寿也氏。第一線を行く各氏と夢の協働を実現した、平屋暮らしの家です。板張りの外観は、里山の風景にとけこみ、設置した物見台からは、北に美しい稜線の宝筺山を望めます。南庭は町を引き込み、町に庭を提供します。町と家の「あいだ」をデザインすることが、風景を創ることにつながるのです。
設備としては、機械室に設置した世界最新・最高のシステムともいわれるOMXを採用。ヒートポンプ一台で冷暖房、換気、給湯をまかなう、次世代のソーラーシステムです。太陽光パネルとの組み合わせで「リアルZEH」をクリアするなど、抜群の性能を有しています。

経年美を楽しむ自然素材の家

柴木材の家づくりは、住まい手の健康を考えて、基本的にビニールクロスや合成樹脂による建材は使用せず、責任と自信を持って選んだ自然素材を使用しています。完成したときに建物が綺麗なのは当然ですが、十年後・二十年後、時の経過とともに、アンティーク家具のような「経年美」を感じられる、そんな仕事を心がけています。
性能面では、長期優良住宅の認定取得を標準化。耐震等級、温熱等級、劣化対策等級においても、最高等級の性能をお約束しています。
設計面でのポイントは、太陽の光と熱・風といった自然エネルギーで、冬暖かく、夏涼しい住まいを実現する、パッシブデザインの手法です。深い軒・大きな開口部を備え、建物の高さを抑えてプロポーションを整え、間取りをシンプルにするなどの工夫で、自然の心地よさを追求し、快適な室内空間を創造します。春夏秋冬、平日と休日、家の中と庭、といった生活シーンを想定し、住まい手の想い描く暮らしを叶えるため、一緒に解を導き、柴木材店らしい提案を行っています。

住み継がれる木の家を

木材店を原点として歩み始めた弊社が、主な業務を建築業に移行した今でも昔のままの社名を名乗っているのは、木の家へのこだわりを強く持ち続けているからです。そんな弊社のつくる木の家、それは、美しい四季を快適に過ごせる家。世代を超えて住み継がれる家です。筑波山を望むこの土地で、時間と人とのつながりを大切にしながら、一棟一棟の住まいを丁寧につくり続けて五十二年。これからも、皆さまの「こんな暮らしを叶えたい」という想いを、ともに楽しく形にしながら、住まいの物語を紡いで参ります。

建物データ設計:伊礼智設計室 施工:柴木材店
面積 [敷地面積]320.99㎡(97.12坪)
[建築面積]109.43㎡(33.11坪)
[床面積(1階)]102.26㎡
[床面積(2階)]18.17㎡
[床面積(延床)]120.43㎡(36.44坪)
構造木造軸組工法
構造躯体スギ(土台はヒノキ)
屋根ガルバリウム鋼板横葺
外壁スギ板張
天井高天井/中霧島壁・低天井/ピーラー縁甲板張
中霧島壁
アカマツフローリング
断熱材(屋根・外壁)セルローズファイバー
(床・基礎)押出法ポリスチレンフォーム保温板(スタイロフォーム)
木製サッシ・アルミ樹脂複合サッシ
ガラスLow-E複層ガラス・トリプルガラス
その他の仕様長期優良住宅、リアルZEH、OMX
茨城県産材使用率構造材65% / トータル71%
アクセス

茨城県つくば市春風台36番30  PDFマップ

  里山住宅博inつくば・アクセス 

スケジュール

 里山住宅博inつくば・モデルハウスオープンスケジュール(30 柴木材店)