【社長の独り言】募金
2024.01.18

2024年1月1日に発生した、能登地方を震源とする地震により被害に遭われた皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。

私たちも2011年の震災を経験しており、今回の出来事は他人事とは思えません。この困難な状況に何かお手伝いできることはないかと考えました。

初めに、支援物資の送付を検討しましたが、石川県によれば、今回の地震に関する支援物資は仕分けが必要であり、一定の規模を満たさないものは受け付けていないとのことでした。送りすぎると倉庫の確保などの問題が発生する可能性があるため、慎重な検討が必要だと感じました。

そこで、支援を無理に押し付けたくないとの考えから、私たちは所属する団体を通じて寄付金を送り、また、個人的にはふるさと納税を利用した寄付を行いました。

さらに、私を含む全社員での募金活動も開始しました。募金箱は、当社の会長と私が所属している下妻ロータリークラブで製作されたオリジナルのものです。既に多くの社員が寄付をしてくれています。

微力かもしれませんが、この温かい思いが少しでも被災地に届くことを願っています。

関連記事