どこにいても快適な全館空調
2022.07.21

全館空調(OMX)は、「エアコンの風は苦手」という方にこそ体感してほしい全館空調です。各部屋にダクトで調温した空気を送り、冷やしたり、暖めたりする仕組みです。冷たい風は天井から、暖かい風は床下から出すことにより、部屋の中で空気が混ざり合い、足元と顔回りの温度差を少なくして最も心地良い状態に保ってくれます。この暑い時期こそ、全館空調OMXの温度差が少ない快適さをご体感ください。

里山モデルハウスでは年間通して快適な全館空調(OMX)を搭載しており、暑い夏を快適に暮らすための設えがたくさん詰まっています。OMXは、太陽光パネルと小屋裏に入る本体、お湯を貯めるための貯湯タンク、室外機1台というシンプルな設計で、全館の冷暖房・全熱交換換気・夏の廃熱利用の給湯を可能にします。里山モデルハウスで是非ご体感ください。

全館空調「OMX」とは

「OMX」は、世界でもトップクラスの次世代型温熱環境システム。OMソーラーの強みである暖房・給湯・換気に加えて、冷房、発電も一台でこなすオールインワン設備です。曇りの日も雨の日も、暮らしのデータから住まい手ごとの快適な温度を導きだし、温度と湿度も自動コントロール。オーダーメイドの快適な温熱環境を一年中つくりだします。全館冷暖房でコストが心配になるかもしれませんが、 一般的な暖冷房給湯設備と比較すると、約55%の省エネ率を達成しています。 開発に携わった東京大学の前真之 准教授は「太陽光発電の売電収入を見越すと、約10年で償却できる制度になっている」と述べています。

気温やライフスタイルを考慮して緩やかに変化させる制御方法によって、快適性を高めるとともに、消費するエネルギーを必要最小限に抑えます。さらに、冷房時は ヒートポンプの廃熱を給湯に利用し、省エネ効果を高めると共に、隣家などへの廃熱の悪影響を低減させます。省エネと快適の両立において重要な換気は全熱交換換気システムを採用。室内の汚れた空気のみ捨てて、一般的には換気の際に捨てられてしまう室内の暖かさや涼しさを回収し、湿度も調整しながら換気します。 機器は小屋裏に設置してダクト配管経由で居室に送風するため、室内には壁掛けエアコンを露出させる必要がなく、屋外設置の室外機も1台で済むため、室内外のデザインの邪魔をしません。

敷地面積 320.99㎡(97.21坪)
建築面積 109.43㎡(33.11坪)
床面積(1階) 102.26㎡
床面積(2階) 18.17㎡
床面積(延床) 120.43㎡(36.44坪)

関連記事