柴木材店で造るキッチン5選
2023.11.06

注文住宅で採用される設備や造作には、オーナー様のご要望がたくさん詰まっています。今回はキッチンについてまとめてみました。

2列型造作キッチン(シナ)

↑↑↑上記の写真から施工例を見られます↑↑↑

<特徴>

キッチンのシンクとコンロが2列に分離させた2列型造作キッチンです。シンク側をアイランドにして回遊できるようにし、ダイニング側には収納を設けています。ステンレス天板は、バイブレーション仕上げを採用され、食器や鍋等でつきやすい傷が目立たない特徴があります。キッチンシンクの内部は洗剤やスポンジを収納するワイヤーラックをなくして、シンクを洗剤の高さに合わせて凹ませています。2列型キッチンはシンク脇の作業スペースが大きくとれる特徴があります。

<素材>

天板:ステンレス

面材:シナ

システムキッチン(タカラ)+ 造作平面収納

↑↑↑上記の写真から施工例を見られます↑↑↑

<特徴>

丈夫でお掃除しやすいホーローを採用しているタカラのシステムキッチンと大容量の背面収納を造作にした、柴木材店でも人気の組み合わせ。ダイニングに向かいあったキッチンのレイアウトの場合は、ダイニング側からは造作した背面収納が見えるため、システムキッチン特有の艶感が直接見えず、自然素材をふんだんに使用した空間にもとてもマッチします。背面収納は家電置きの用途になっているため、天板も木材を使用。使い方に合わせた自分好みの収納や高さの設定もできるのでとてもお勧めの仕様です。

<素材>

天板:タモ(背面収納)

面材:シナ(平面収納)

1列型造作キッチン(ラワン)

↑↑↑上記の写真から施工例を見られます↑↑↑

<特徴>

壁面に向かった1列型の造作キッチンは、窓を効果的に設けることで、明るいキッチンにすることができます。このキッチンは南東の角にありますが、朝日が明るく照らす気持ちの良いキッチンになっています。上部にオープン棚を採用することで、普段使いの調理道具の収納として活躍するスペースを設け、シンクの下にはダストスペースを製作。毎日の家事が楽になる設計は、柴木材店オリジナルのキッチンでお好みのままに実現できます。

<素材>

天板:ステンレス

面材:ラワン

2列型造作キッチン(オーク)

↑↑↑上記の写真から施工例を見られます↑↑↑

<特徴>

キッチンのシンクとコンロが2列に分離させた2列型造作キッチンです。シンク側をアイランドにして家族みんなで料理ができるようになっています。壁面の上部には引戸の収納、下段は3段の引き出し収納を採用し、必要なものがすぐに取り出せる、機動性も高めたキッチンになっています。ステンレス天板は、バイブレーション仕上げを採用され、キッチンシンクの内部は洗剤やスポンジを収納するワイヤーラックをなくして、シンクを洗剤の高さに合わせて凹ませています。

<素材>

天板:ステンレス

面材:オーク

オープン収納造作キッチン

↑↑↑上記の写真から施工例を見られます↑↑↑

<特徴>

壁面に向かった1列型の造作キッチンで、オープン収納を採用され、籠を使ってざっくり収納を選ばれたキッチン、アイテムごとに使いやすい収納法で収納されています。使い方の実例はYouTube動画でも紹介していますのでこちらをご覧ください。

<素材>

天板:ステンレス

オープン収納

丈夫さやお掃除のしやすさに優れたシステムキッチンや、世界にひとつだけのオリジナルキッチンもご希望に合わせてご計画いたします!

いろいろな施工例をご覧ください!

関連記事