SUUMO注文住宅の撮影がありました。
2021.04.27

SUUMO注文住宅の撮影がありました。

今回はドミノ住宅です。

フランス語で「革新的な家」という意味をもつ「ドミノ住宅」。

「ドミノ」とはフランス語の「ドム=家」と「イノ=新しい」を組み合わせた造語で、これもコルビュジェの発案によるものです。

近代建築の巨匠であるル・コルビュジェが20世紀初頭に提唱したこのアイデアを現代日本の家屋に応用し、間取りを自由に変更できる柔軟性と優れたデザイン性、耐震性を兼ね備えたのが「木造ドミノ住宅」です。

取材をさせた頂いたお住まいは、2階にリビングのお住まいです。

こだわりのインテリアが素敵です!

まずは、カットの打ち合わせ風景。

カメラマンの覗く先は誌面でのお楽しみに。

シャッターを押したくなるポイントがたくさんあってとても素敵なお住まいでした。取材を快諾頂き、本当にありがとうございました。

最後に栃木県宇都宮市の郷土玩具「きぶな」。無病息災を願うものだそう。なんともかわいらしいですね。
見どころ満載のドミノ住宅です。今から誌面が待ち遠しい!
SUUMO注文住宅「茨城で家を建てる」の掲載号は、6月21日発売です。お楽しみに!!

関連記事