毎日使うものだからこそ、こだわりたい
2022.07

2FのLDKのつながりは空間の広がりが最も作れる場所です。

毎日使うキッチンはいわば司令塔となる場所。

特にキッチンとダイニングの関係性は様々ですが、春日ドミノ住宅はキッチン前にちょっとしたカウンターをつくり、料理の配膳や受け渡しがしやすい設計になっています。カウンターもキッチンとの高低差を余りつけずにコンパクトな空間を広々と見せる工夫がされています。

キッチン背面のカウンターは大工さんが作る造作棚。ダイニングからの眺めも自然素材になるためとても心地よい空間です。

背面カウンター脇には、奥様がちょっと休めるデスクを設け、パソコンで調べものをしたり、使い方は広がります!

キッチンの通路幅は広めにとり、調理中も奥の冷蔵庫までスムースには入れるように工夫されています。

もちろん数人で調理するにも十分なスペースです!

このような書斎スペースもあります!

たった2帖のスペースですが、ひとりで使うには十分なスペースです。造作の本棚とデスクがあるため、スペースを効率的に使うことができます。

3回にわたりご紹介した春日ドミノモデルハウス、いかがでしたでしょうか?

ご予約にてご案内をしております。

是非ご来場ください!

関連記事