おしえて!職人さん「塗装編」
2023.07

今回は、塗装の現場をのぞいてみました。

大工さんの工事が完了すると、いろいろな職人さんが現場に入ってきます。

今日は、天井と壁の塗装中。

実は塗装屋さんは塗る前段階の工程がたくさんあり、それがとても重要なのです!

室内の石膏ボードが貼られた状態ではつなぎ目やビス跡があるため、まだ平らな状態ではありません。

そこをパテと呼ばれる目止め材を塗り込んで、乾いたら、ヤスリ掛けをして平らな面を作り出します。

暑い中、ホコリまみれでの作業は大変です。一番つらい作業だそうです。すごい!

そして塗料が付いてはいけないところにはマスキングをしておきます。

テープをひと貼りずつ丁寧に貼り付けていきます。

すべて塗装屋さんの仕事です。

塗上がるとこんな感じです!

見えないところに技が使われています!

出来上がるまでの過程を見るとさらに愛着がわいてきますね!!

関連記事