漆喰塗りDIYに参加してきました!
2023.08

以前のブログでもご紹介した、クラウドファンディング・現場の施工の両面で応援させていただいている「下妻家守舎」さんの「エリアの空き家をゲストルームに!プロジェクト」の総仕上げ、塗り壁DIYに参加してきました!

*今回のプロジェクトは、下妻家守舎さんが事業を展開しているエリアにある潜在空き家を「街のゲストルーム」にするものです。

弊社からは、営業の柴雄二が参加しました!

今回壁に塗るのは漆喰。

漆喰メーカーの日本プラスター春田さんが栃木県佐野市から駆けつけてくれて、塗り方のレクチャーをいただきました!(笑顔がステキ!)

バケツを開けると練り混ぜ不要で、すぐに塗る事が出来る状態になっているところが嬉しい。壁紙や古壁にも直接塗れるようです。

日本プラスターさんではプラスチック製の鏝(こて)まで用意されているので至れり尽くせり!

漆喰と言えばすぐ思い浮かぶ色は白色ですが、今回はブルーグレーというお洒落な色を塗ります。

なんと商品名は「うま~くヌレール」。

普段から何をやっても不器用な柴。上手く塗れるか心配でしたが、そこそこうま~くヌレーました(笑)

参加されてる方々も皆さん集中されていて、塗っている時にはとにかく無言。(冬にカニを食べている食卓のあの感覚です)

自分の課されている面を一生懸命塗ってきました。

と思いながら一面が塗り終わり、下がって壁を見てみるとムラが目立っています。。。

やはり自分には「うま~くヌレーなかった」と肩を落としたら先生の春田さんが笑顔で、「乾けば綺麗になりますよ」とフォローしてくださいました。

今回のDIYを経験させていただくことで、シバモクで活躍してもらっている職人さんの技術、仕事の丁寧さを改めて感じる事が出来ました。

見るのと実際に工事をするのでは全然違いますね。

今回は、使用されていなかった2階部分をリノベーションし、地域を訪れる方々をおもてなしするための居心地の良い空間を創るお手伝いをさせていただきました。

今後は、街の未来について語るセミナールームや、地元の食材を生きたオーベルジュ、そして気の置けない仲間と楽しむためのパーティールームなど、さまざまな方法で活用される予定です。

これからどのように展開をされていくのか楽しみですね。

関連記事